《スポンサードリンク》
 

【蛍雪之功】けいせつのこう

▼蛍雪之功とはこんな意味の四字熟語です

  • 意 味:苦労して学問に励むこと。螢の光や雪明かりで貧乏に耐えながら勉学する。
  • 解 説:【故事】 中国の人物、車胤は貧しくて灯火の油を買うことができず、蛍を集めてその光で勉強していた。同じく貧しかった孫康は、雪明かりで勉強していたという二つの故事から。「蛍雪」は蛍の光と雪明りのこと。
  • 出 典:『晋書』「車胤伝」
  • 英 訳:the fruit of diligent study
  • 用 例:蛍雪之功あって今日の偉大な業績がある。
  • 類義語:苦学力行(くがくりっこう) / 蛍窓雪案(けいそうせつあん) / 雪窓蛍机(せきそうけいき) / 車胤聚蛍(しゃいんしゅうけい) / 孫康映雪(んこうえいせつ) / 磨穿鉄硯(ませんてっけん)


 前進/ひたむき  努力    受験/勉強/学習 
 《スポンサードリンク》
  【保存版】いい意味の四字熟語一覧《100選》



【保存版】2017年の座右の銘にしたい四字熟語を30個集めてみた

【就活面接】アピールで使える四字熟語一覧 【結婚式】のスピーチ・挨拶で使える四字熟語一覧
福岡ソフトバンクホークス的四字熟語一覧 座右の銘にしてはいけない四字熟語一覧
bn_chorei.jpg bn_sumo.jpg