《スポンサードリンク》
 

【座薪懸胆】ざしんけんたん

▼座薪懸胆とはこんな意味の四字熟語です

  • 意 味: 復讐するため、自分の身を苦しめてその志が衰えないように励ますこと。また、目的を遂げるために苦労に耐えることのたとえ。
  • 解 説: たきぎの上に座り、苦いきもを寝床の上に懸けて寝起きのたびになめることから転じた四字熟語。漢文訓読では、「薪に座してきもを懸く」と読む。「座薪」は、たきぎの上に座ること。「懸胆」は、寝床の上に苦いきもを懸けておくこと。
  • 出 典:
  • 英 訳:
  • 用 例:
  • 類義語: 臥薪嘗胆(がしんしょうたん) / 漆身呑炭(しっしんどんたん) / 呑炭漆身(どんたんしっしん)


 努力  励ます/激励 
 《スポンサードリンク》
  【保存版】いい意味の四字熟語一覧《100選》



【保存版】2017年の座右の銘にしたい四字熟語を30個集めてみた

【就活面接】アピールで使える四字熟語一覧 【結婚式】のスピーチ・挨拶で使える四字熟語一覧
福岡ソフトバンクホークス的四字熟語一覧 座右の銘にしてはいけない四字熟語一覧
bn_chorei.jpg bn_sumo.jpg