《スポンサードリンク》
 

【光風霽月】こうふうせいげつ

▼光風霽月とはこんな意味の四字熟語です

  • 意 味: 雨の後の晴天に吹く風や霽(は)れた空の月のように。さっぱりしてわだかまりのない気持ち。世の中がよく治まっていることのたとえ。
  • 解 説: 中国、宋の黄庭堅が周敦頤の人柄を評した語で、性質が高明でわだかまりがなくさっぱりした様子の形容に用いる。
    「光風」は太陽の光の中を吹き抜ける爽やかな風のこと。「霽月」は雨上がりの澄んだ空に浮かぶ月のこと。
  • 出 典: 黄庭堅「濂渓詩」
  • 英 訳: serenity
  • 用 例: 多情多恨〔1896〕〈尾崎紅葉〉前・七・一「明日から光風霽月の天地に呼吸するのであると云ふ希望の為に励まされて」
  • 類義語: 虚心坦懐(きょしんたんかい) / 晴雲秋月(せいうんしゅうげつ) / 明鏡止水(めいきょうしすい)


 自然・風情  季節・四季  平和・温和   
 《スポンサードリンク》
  【保存版】いい意味の四字熟語一覧《100選》



【保存版】2017年の座右の銘にしたい四字熟語を30個集めてみた

【就活面接】アピールで使える四字熟語一覧 【結婚式】のスピーチ・挨拶で使える四字熟語一覧
福岡ソフトバンクホークス的四字熟語一覧 座右の銘にしてはいけない四字熟語一覧
bn_chorei.jpg bn_sumo.jpg