《スポンサードリンク》
 

【泰山北斗】たいざんほくと

▼泰山北斗はこんな意味の四字熟語です

  • 意 味: ある一つの領域で最も権威を認められ、尊ばれる人。また、学問・芸術などある分野の権威・第一人者のたとえ。
  • 解 説: 本来の意味は、泰山と北斗星のこと。「泰山」は、中国山東省にある名山。「北斗」は、北斗七星のこと。どちらも仰ぎ見る存在の意。
  • 出 典:
  • 英 訳:
  • 用 例: 彼の平和主義の泰山北斗たるブライト氏が、去年六月会て人に向かひて欧州の現状を説きたる一節を(徳富蘇峰『将来之日本』)
  • 類義語: 天下無双(てんかむそう) / 天下無敵(てんかむてき)


 最高・最強   
 《スポンサードリンク》
  【保存版】いい意味の四字熟語一覧《100選》



【保存版】2017年の座右の銘にしたい四字熟語を30個集めてみた

【就活面接】アピールで使える四字熟語一覧 【結婚式】のスピーチ・挨拶で使える四字熟語一覧
福岡ソフトバンクホークス的四字熟語一覧 座右の銘にしてはいけない四字熟語一覧
bn_chorei.jpg bn_sumo.jpg