《スポンサードリンク》
 

【竜攘虎摶】りゅうじょうこはく

▼竜攘虎摶はこんな意味の四字熟語です

  • 意 味: 竜と虎が格闘するように、互角の力を持った強者同士が激しく争うこと。
  • 解 説: 「攘」は払い除く、「摶」はなぐる、打ち付けるの意。「りょうじょうこはく」とも読む。
  • 出 典:
  • 英 訳:
  • 用 例: 池川と私は交代で高座(教壇)の人となり、互いに火花を散らして竜攘虎摶の盛観を呈した。(徳川夢声『夢声半代記』)
  • 類義語: 竜戦虎争(りゅうせんこそう) / 両雄相闘(りょうゆうそうとう) / 竜虎相搏(りゅうこそうはく) / 竜騰虎闘(りゅうとうことう) / 群雄割拠(ぐんゆうかっきょ) / 竜闘虎争(りゅうとうこそう)


 強さ/強気/強欲  勝負・挑戦    スポーツ 
 《スポンサードリンク》
  【保存版】いい意味の四字熟語一覧《100選》



【保存版】2017年の座右の銘にしたい四字熟語を30個集めてみた

【就活面接】アピールで使える四字熟語一覧 【結婚式】のスピーチ・挨拶で使える四字熟語一覧
福岡ソフトバンクホークス的四字熟語一覧 座右の銘にしてはいけない四字熟語一覧
bn_chorei.jpg bn_sumo.jpg