《スポンサードリンク》
 

【二桃三士】にとうさんし

▼二桃三士はこんな意味の四字熟語です

  • 意 味: 奇計で豪傑を自滅させるたとえ。そのような戦い方。
  • 解 説: 【故事】 昔、中国斉(せい)の宰相晏嬰(あん えい)が、将来斉の国の憂いとなるであろう三勇者、公孫接(こうそんしょう) ・田開彊(でんかいきょう)・古冶子(こやし)を互いに争わせることをねらい、「三人のうち功の大きいもの二人に与える」と、二つの桃を斉王から贈らせた。公孫接・田開彊の二人が自分の功を誇って真っ先にその桃を手に入 れたが、実は古冶子の功が一番大きいことを知り、二人とも恥じて自害した。古冶子も、自分だけ生きているのは義に反すると後を追ったため、晏嬰の思惑通りになったという故事から。

    「二桃、三士を殺す」の略。

  • 出 典: 『晏子春秋』諫・下
  • 英 訳:
  • 用 例:
  • 類義語:


 勝負・挑戦  工夫・考案    計画・継続 
 《スポンサードリンク》
  【保存版】いい意味の四字熟語一覧《100選》



【保存版】2017年の座右の銘にしたい四字熟語を30個集めてみた

【就活面接】アピールで使える四字熟語一覧 【結婚式】のスピーチ・挨拶で使える四字熟語一覧
福岡ソフトバンクホークス的四字熟語一覧 座右の銘にしてはいけない四字熟語一覧
bn_chorei.jpg bn_sumo.jpg