《スポンサードリンク》
 

【合従連衡】がっしょうれんこう

▼合従連衡はこんな意味の四字熟語です

  • 意 味: 時流を読み、その時々の利害に応じて、互いに協力したり離反したりすること。また、巧みな計算や外交上の駆け引きのこと。
  • 解 説: 「合従」の従は、縦と同意で南北。「衡」は横で、東西の意。昔、中国の戦国時代に南北に並んだ六カ国を連合させた外交政策を合従と言い、その後、合従の策が破れたとき、横に並ぶ六カ国が同盟を結んだ政策を「連衡の策」と言う。「合縦連衡」「合従連横」「合縦連横」とも書く。
  • 出 典: 『史記』
  • 英 訳: M&A between companies with different national cultural backgrounds(文化的に異なる国の企業同士による合従連衡)
  • 用 例: 政界は合従連衡が相次ぎ、混沌としている。
  • 類義語: 合従連横(がっしょうれんおう) / 雲集霧散(うんしゅうむさん) / 離合集散(りごうしゅうさん) / 集散離合(しゅうさんりごう)


 経営・仕事    チーム  計画・継続 
 《スポンサードリンク》
  【保存版】いい意味の四字熟語一覧《100選》



【保存版】2017年の座右の銘にしたい四字熟語を30個集めてみた

【就活面接】アピールで使える四字熟語一覧 【結婚式】のスピーチ・挨拶で使える四字熟語一覧
福岡ソフトバンクホークス的四字熟語一覧 座右の銘にしてはいけない四字熟語一覧
bn_chorei.jpg bn_sumo.jpg