《スポンサードリンク》
 

【読書百遍】どくしょひゃっぺん

▼読書百遍とはこんな意味の四字熟語です

  • 意 味: なんどもくり返して読めば、意味が通じないところも、自然とわかってくること。
  • 解 説: 「百遍」は百回行うということから、何度も行うことのたとえ。「読書百遍、意自ずから通ず」という形で使うことの多い言葉。
    【故事】中国の三国時代、魏の薫遇が読書の大切さを弟子に説いたという言葉から。文意の通じないところのある書物も、百遍も繰り返して熟読すれば自然に明らかになるの意。
  • 出 典: 『三国志』「魏志・王粛伝・注」
  • 英 訳: Repeated reading (makes the meaning clear) / Reading something again and again (will lead one to realize its meaning)
  • 用 例:
  • 類義語: 韋編三絶(いへんさんぜつ)


 知恵・知識  努力    受験/勉強/学習  読書 
 《スポンサードリンク》
  【保存版】いい意味の四字熟語一覧《100選》



【保存版】2017年の座右の銘にしたい四字熟語を30個集めてみた

【就活面接】アピールで使える四字熟語一覧 【結婚式】のスピーチ・挨拶で使える四字熟語一覧
福岡ソフトバンクホークス的四字熟語一覧 座右の銘にしてはいけない四字熟語一覧
bn_chorei.jpg bn_sumo.jpg