《スポンサードリンク》
 

【多岐亡羊】たきぼうよう

▼多岐亡羊とはこんな意味の四字熟語です

  • 意 味: 分かれ道が多すぎて、逃げたヒツジを見失うという意から、学問をする者が枝葉末節にとらわれ、本質を見失うこと。学問の道が多方面に分かれすぎ、真理が見失われがちになるたとえ。方針がいろいろあって、どうしてよいか迷うこと。
  • 解 説: 「岐(き)多(おお)くして羊(ひつじ)を亡(うしな)う」と訓読する。
    【故事】 中国戦国時代、逃げ出した一匹の羊を追いかけたが分かれ道が多くて取り逃がしてしまったことを聞いた思想家・楊朱(ようしゅ)が「学問の道も同様だ」と嘆いたという故事から。
  • 出 典: 『列子』
  • 英 訳: too many options making selection difficult; truth being hard to find as paths to it proliferate
  • 用 例: 昨日の常識が今日の常識ではなくなる多岐亡羊の時代である。
  • 類義語: 岐路亡羊(きろぼうよう) / 亡羊之嘆(ぼうようのたん) / 亡羊の嘆


 知恵・知識   
 《スポンサードリンク》
  【保存版】いい意味の四字熟語一覧《100選》



【保存版】2017年の座右の銘にしたい四字熟語を30個集めてみた

【就活面接】アピールで使える四字熟語一覧 【結婚式】のスピーチ・挨拶で使える四字熟語一覧
福岡ソフトバンクホークス的四字熟語一覧 座右の銘にしてはいけない四字熟語一覧
bn_chorei.jpg bn_sumo.jpg