《スポンサードリンク》
 

【無念無想】むねんむそう

▼無念無想とはこんな意味の四字熟語です

  • 意 味: いっさいの妄念を離れた無心のさま。あらゆる雑念がなくなり心が透明になるさま。仏教で無我の境地に入りすべての想念から離れること。
  • 解 説: 「無念」は、何も考えないこと。「無想」は、心に何も思うところのないこと。
  • 出 典:
  • 英 訳: rid oneself of all worldly thoughts(無念無想になる)
  • 用例 /使い方:
    ①明日の試合には、無念無想の境地で臨みます。
    ②ああ、無念無想の結果を見よ。僕は、とめどもなくだらだらと書いている。(太宰治「道化の華」)
  • 類義語:
    心頭滅却(しんとうめっきゃく)
    則天去私(そくてんきょし)
    大悟徹底(たいごてってい)
    明鏡止水(めいきょうしすい)
    無想無念(むそうむねん)
  • 対義語:
    千思万考(せんしばんこう)
    多情多恨(たじょうたこん)


 悟り  仏教・仏語   
 《スポンサードリンク》
  【保存版】いい意味の四字熟語一覧《100選》



【保存版】2017年の座右の銘にしたい四字熟語を30個集めてみた

【就活面接】アピールで使える四字熟語一覧 【結婚式】のスピーチ・挨拶で使える四字熟語一覧
福岡ソフトバンクホークス的四字熟語一覧 座右の銘にしてはいけない四字熟語一覧
bn_chorei.jpg bn_sumo.jpg