《スポンサードリンク》
 

【竜驤虎視】りゅうじょうこし

▼竜驤虎視とはこんな意味の四字熟語です

  • 意 味:天下に権威をふるうさま。竜のようにのぼり、虎のようににらむこと。
  • 解 説:「驤」は、おどりあがって天に昇る、勢いのさかんなこと。「虎視」は、虎が獲物を恐ろしい目でにらみすえる意。「りょうじょうこし」とも読む。
  • 出 典:『蜀志』
  • 用 例:我より彼に報ひずんば、彼必ず我に報ふることあるを以て、勢ひ相互に竜驤虎視、武備機関を発達せしめざる可からず。 (徳富蘇峰 『将来之日本』)
  • 類義語:竜驤虎歩(りゅうじょうこほ) / 虎視眈々(こしたんたん) / 垂涎三尺(すいぜんさんじゃく) / 野心満々(やしんまんまん) / 竜驤虎歩(りゅうじょうこほ) / 竜驤虎躍(りゅうじょうこやく)

《スポンサードリンク》
 

【保存版】2020年の座右の銘にしたい四字熟語を30個集めてみた

【就活面接】アピールで使える四字熟語一覧 【結婚式】のスピーチ・挨拶で使える四字熟語一覧
福岡ソフトバンクホークス的四字熟語一覧 座右の銘にしてはいけない四字熟語一覧
bn_chorei.jpg bn_sumo.jpg