《スポンサードリンク》
 

【冷暖自知/冷煖自知】れいだんじち

▼冷暖自知とはこんな意味の四字熟語です

  • 意 味:水の冷暖は自分で飲んでみて知るように、真の悟りは修行を積み重ね、自分で会得するものであることのたとえ。
  • 解 説:「冷暖自ら知る」と訓読みする。水のつめたさ暖かさは、自分で手を入れて初めて感知できること。悟りが他人から教えられるものではなく、自分で会得するものであることにたとえる。
  • 出 典:『景徳伝灯録』
  • 英 訳: spiritual enlightenment only comes through personal experience
  • 用 例:遠羅天釜〔1747〕答法華宗老尼之問書「かの開仏知見の大事は、自身艱難刻苦して冷暖自知する事なるを」
  • 類義語:


 努力  悟り   
 《スポンサードリンク》
  【保存版】いい意味の四字熟語一覧《100選》



【保存版】2017年の座右の銘にしたい四字熟語を30個集めてみた

【就活面接】アピールで使える四字熟語一覧 【結婚式】のスピーチ・挨拶で使える四字熟語一覧
福岡ソフトバンクホークス的四字熟語一覧 座右の銘にしてはいけない四字熟語一覧
bn_chorei.jpg bn_sumo.jpg