《スポンサードリンク》
 

【七歩之才】しちほのさい

▼七歩之才はこんな意味の四字熟語です

  • 意 味: 文才に恵まれていること。また、すぐれた詩文を素早く作る才能があること。
  • 解 説: 【故事】 中国三国時代、魏ぎの曹操そうそうの子であった曹丕そうひ曹植そうしょく兄弟は互いにすぐれた詩才があった。曹操の死後、文帝に即位した兄の曹丕は弟の才能を妬ねたんで、あるとき「七歩歩く間に詩を作れ。できなければ死罪にする」と命じ、曹植がたちどころに兄の無情を嘆く詩を作ったので、文帝は大いに恥じたという故事から。
  • 出 典: 『世説新語(せせつしんご)』文学(ぶんがく)
  • 英 訳:
  • 用 例: 七歩の才の誉れ
  • 類義語:


 才能・天才   
 《スポンサードリンク》
  【保存版】いい意味の四字熟語一覧《100選》



【保存版】2017年の座右の銘にしたい四字熟語を30個集めてみた

【就活面接】アピールで使える四字熟語一覧 【結婚式】のスピーチ・挨拶で使える四字熟語一覧
福岡ソフトバンクホークス的四字熟語一覧 座右の銘にしてはいけない四字熟語一覧
bn_chorei.jpg bn_sumo.jpg