《スポンサードリンク》
 

【報本反始】ほうほんはんし

▼報本反始とはこんな意味の四字熟語です

  • 意 味:根本に立ち返ってその恩を改めて肝に銘ずること。天地や先祖の恩恵や功績に感謝し、これに報いる決意を新たにすること。
  • 解 説:祖先の恩に報いること。訓読では「本(もと)に報い始めに反(かえ)る」と読む。「本」と「始」は物事の一番初めのもの。 「報」と「反」はふさわしい恩返しすること。 自分自身が存在するに至った根源の全てのものに報いようとする気持ちをいう言葉。
  • 出 典:『礼記』「郊特性」
  • 用 例:新聞雑誌‐四五号附録・明治五年〔1872〕五月「法律紀綱を専一にすと雖とも報本反始は人世の第一義にして」
  • 類義語:


 決意・決断  感謝・謝徳   
 《スポンサードリンク》
  【保存版】いい意味の四字熟語一覧《100選》



【保存版】2017年の座右の銘にしたい四字熟語を30個集めてみた

【就活面接】アピールで使える四字熟語一覧 【結婚式】のスピーチ・挨拶で使える四字熟語一覧
福岡ソフトバンクホークス的四字熟語一覧 座右の銘にしてはいけない四字熟語一覧
bn_chorei.jpg bn_sumo.jpg