《スポンサードリンク》
 

【閑雲野鶴】かんうんやかく

▼閑雲野鶴とはこんな意味の四字熟語です

  • 意 味: 静かに浮かんでいる雲と野に遊ぶ鶴。何の束縛もうけず、悠々と自然に親しんで暮らすことのたとえにもいう。
  • 解 説: 「閑雲」は静かに空に浮かんでいる雲。「野鶴」は野原で悠然と遊んでいる鶴。転じて、官に仕えず、世を避け隠れている人のこと。「閑雲野鶴を友とする」の形で用いられることが多い。
  • 出 典: 『全唐詩話』「僧貫休」
  • 英 訳: life in natural setting, free from worldly cares
  • 用 例: 葬列〔1906〕〈石川啄木〉「第一の故郷に帰った。そして十幾ケ月の間閑雲野鶴を友として暮したが」
  • 類義語: 閑雲孤鶴(かんうんこかく) / 孤雲野鶴(こうんやかく) / 野鶴閑雲(やかくかんうん)


 悠然   
 《スポンサードリンク》
  【保存版】いい意味の四字熟語一覧《100選》



【保存版】2017年の座右の銘にしたい四字熟語を30個集めてみた

【就活面接】アピールで使える四字熟語一覧 【結婚式】のスピーチ・挨拶で使える四字熟語一覧
福岡ソフトバンクホークス的四字熟語一覧 座右の銘にしてはいけない四字熟語一覧
bn_chorei.jpg bn_sumo.jpg